Just another WordPress site

個人でも設立できる!

個人でも合同会社を設立できる!

株式会社に所属して働く事で、一人では実行が難しい仕事に携わる事ができます。しかし人間は多種多様な考えを持っており、中には組織内で働く事に窮屈さを感じる人も存在しているのです。だから株式会社を早期退職して、自分のできる事だけを担当する個人事業主が増えています。
一人で仕事を進める事が簡単になったのは、インターネットが関係していると言われています。顧客と最低限のやり取りをするだけでビジネスを進められるため、人脈を構築する必要がなくなったのです。個人事業主に仕事を斡旋する存在にアクセスすれば、能力に応じた仕事を得る事ができます。

一人で仕事を進める事が気楽である事は間違いありません。しかし株式会社に在籍しないで仕事を進めるという事は、損害を出した場合も一人で責任を取るという事です。会社運営は利益の獲得を目的にしていますが、それが必ず達成できるとは限りません。最善を尽くしても損害を出す事はあります。一つミスをすれば赤字になる可能性が飛躍的に高まるのです。
個人事業主は無限責任を負う事を義務付けられています。責任は大別すると有限責任と無限責任です。そして無限責任の負債額は大きくなりやすいと言えます。だからリスクの存在を事業展開する者は認識すべきなのです。

しかし一人で仕事を進めるやり方でも、無限責任を負わない方法があります。それは合同会社を設立して経営者になる事です。合同会社はスモールビジネスとも呼ばれており、設立に必要な費用が少ない事で知られています。株式会社や有限会社よりも求められる資産が少ないので、大きな人気を集めている会社形態なのです。
そして個人で仕事を進める時、誰も注意する存在がいない事が多くなるためミスが生じやすいと言われています。だからこそ責任回避の手段を模索するべきなのです。負うべき責任を小さくする事で、個人で仕事を進める者は防御を強める事ができます。

合同会社を設立する前に行っておくべき事があります。それはチェックリストで大事な事を忘れないようにする点です。個人が何かでミスをしてもフォローされない事は前述した通りです。だからこそ客観的な視点を持つ事が大事なのです。
チェックリストは合同会社の設立をサポートする業者でダウンロードできます。無料配布されている理由は合同会社の設立の相談をする時、有効な参考資料として機能するからです。業者に行って相談を持ちかけても、話を最初から始めたのでは依頼主と業者の双方が時間を無駄に失う事になります。だからチェックリストを事前に記入しておく事で労力を小さくできるのです。