Just another WordPress site

設立コストを押さえる

設立コストを押さえるには合同会社が最適です

会社を設立する時には4つの種類があります。株式会社、合同会社、合名会社、合資会社の4つです。以前は有限会社がありましたが、今では廃止されています。合名会社と合資会社はほとんど設立するケースがないので、基本的には株式会社と合同会社のどちらかを選ぶことになります。
一般的に会社といえば株式会社になります。しかし独立起業しやすいように新たに考えられたのが、合同会社です。そのため設立コストを安くしたい場合は合同会社を選ぶことになります。少人数での企業に適しているため、若い人などでも簡単に会社を設立することが可能なのです。

株式会社に比べて設立コストが安く済む合同会社ですが、信用度の点では株式会社より不利になります。まだ社会的に認知度が低いため仕方がないのですが、資金の融資などで難しい場合もあります。
ただし、社会的信用というのはあとからついてくるものです。たくさん設立された合同会社の中で実績が積み上げられてくれば、自然に社会的認知度も高まりますので、将来性はあるといえます。つまり低コストで企業できるので、若い人にとってはチャレンジの機会が増えます。チャレンジ精神が実を結べば、社会的にも認められるのはやる気を促す面でもよいことです。

また収益配分の面でも自由度があります。株式会社の場合は株主の株数によって収益を配分することになりますが、合同会社の場合はあらかじめ決めておけば資本金に関係なく一定の配当で済むのです。この点でもコスト的に有利になります。
また事業の運営においても株式会社とは違って、出資した人全員の意見が反映されます。そのため同じ目的を共有する仲間達が一つの目標に向かって事業を推進することができるので、新しい事業展開には有利になります。これまでになかった事業展開で成功する確率も増えると言われています。株式会社に比べて少数精鋭の経営ができるのが強みです。

会社設立の具体的なコストを比べてみると、株式会社が最低でも24万円かかるところ、10万円で済むのです。公証人手数料が不要ですし、登録免許税も株式会社の半額以下になっているのです。
また会社を興すための色々な手続きを自分でやれるというのも、魅力の一つです。特に学生などが起業する場合には自分でやることによって色々な実務的な知識が身につくというメリットもあります。
このように誰でも簡単に独立起業できるように配慮されているのですが、金銭面や手続き面などのコスト削減よりも、若者にチャレンジのチャンスを与えることができるというのが一番のメリットです。